小顔になりたい人は注目しよう|美容整形で矯正する方法

レディ

小さくならない

顔を触る女性

相対的な判断

自分のプロポーションに悩んでいる人の中には、その原因が何なのか分かっていない人も多いです。このプロポーションはとても厄介な問題で、相対的なものだからです。Aが小さければその隣にあるBがそれより大きければ大きくみえますが、Bよりさらに大きなCが隣にあれば、Bの印象も変わってしまうのです。そのため、ウェストがないという悩みの原因は、他の部位が痩せているためそういう印象になっていることがあります。顔が大きくて困っているという人は、骨自体が大きいのではなく、筋肉がたるんでしまったり逆に張ってしまっているからということも起こり得るのです。医師が見ればどういった問題があって、それにはこの小顔矯正が適しているという判断が正確にできます。

フェイスライン

頭の大きさが他の人と同じであっても、顔が大きく見えてしまう人は、フェイスラインに原因がある可能性が高いです。骨が角ばっていると、丸みのあるラインの人よりも横幅が大きく見えるのです。また、実際横幅が人より大きい人でも、ボトックス注射やエラを削る小顔矯正を行なえば、顔は確実に小さくなるでしょう。筋肉が発達すると、顔がその分大きくなるので、普段なるべく顔の筋肉を発達させないように気をつけるのも良いです。顎が小さ過ぎてフェイスラインが見えないという人も、メリハリがないため顔が大きく見えてしまうパターンもあります。そのため、美容整形で行なう小顔矯正では、フェイスラインをはっきりさせるための取り組みをすることがあります。こういったフェイスラインをそもそも変えたいなら、やはり美容整形施術をした方が効果的だといえるでしょう。

筋肉や脂肪

美容整形で行なう小顔矯正では、筋肉や脂肪についてもアプローチできます。顔が小さくならない理由としては、加齢によるものと体重増加によるものが挙げられます。加齢によって皮膚がたるむことで、顔が老けてみえるだけでなく、顔の印象が四角になり、そのため横幅が大きく見えてしまうのです。面積が同じようなものであっても、丸と四角では見える印象が違ってくるのです。この皮膚のたるみは切除術を行なったりフェイスリフトを行なったりすることで矯正できることがあります。実際顔の体積が大きくなる原因としては、脂肪があります。太っていることで全体的にパーツが大きくなるので、それにはダイエットが最適でしょう。