小顔になりたい人は注目しよう|美容整形で矯正する方法

レディ

切らない矯正

女医

簡単にできる

小顔矯正をするというと、骨の形そのものを変える大掛かりなイメージがあります。しかも美容整形で行なうとなると、メスを入れたり骨を削ったりするのではないかと考えてしまうのです。もちろんそういった施術もあり、とても小顔矯正には効果があるのですが、美容整形を初めて受けるという人にはそういった施術は二の足を踏んでしまうかもしれません。そして、小顔矯正したいといっても、大掛かりな手術を必要とせず、ちょっとした取り組みで十分顔を小さくできるケースもあるのです。そのため、顔を切開したくない人は医師にその旨を伝えるべきですし、自分に合った施術は必ず見つけることができます。

ヒアルロン酸を注入する

顔を小さくするというと、顔が大きくなっている原因を取り除くため、皮膚や脂肪、骨を除去するというイメージです。ヒアルロン酸を注入することは、正反対の考え方に思えますが、これには正確な意図があります。ヒアルロン酸注入を行なう目的といえば、肌のたるみをなくすためです。肌がたるんでしまうと、顔の形が変わることがあります。頬がこけるということは痩せるということではなく、頬にあった皮膚が下に下がることを指します。皮膚が下に降りてしまうと、二重あごになります。そして、ブルドッグ顔の原因にもなってしまうのです。それを頬にヒアルロン酸を注入することで、頬の高さを引き上げます。皮膚が引き上がるだけで、顔の形が変わり、小顔の印象を作り上げてくれるのです。脂肪が実際多いという人以外で、しかもたるみが多くなっている人であればこのヒアルロン酸注入で小顔矯正ができます。

ボトックス注射

筋肉の発達によって、顔が大きくなることがあります。そのため、このタイプの小顔矯正施術は、ボトックス注入で十分です。ボトックス注射でボツリヌス菌を筋肉に注入し、強く引き締まっていた筋肉を弛緩させることができます。筋肉は力が入っているときは縮むため太くなりますが、力が入っていないときは緩んで太さも細くなります。この縮んで太くなってしまう現象を、ボトックス注射で解決できるのです。このボトックス注射はプチ小顔整形ともいわれています。小顔になるためにはエラや顎の骨を削るということもよく行ないますが、注射によって簡単にそれができるということで、プチ整形といわれているのです。このように、小顔矯正は顔にメスを入れなくても可能なことなのです。